自動取締機について
MISFORTUNE STRIKES BACK in JAPAN




LHシステム


 新型のループコイル式。Hシステムをレイダ式からループコイル式に変更し
た最新のオービス。


 レイダ式のHシステムは視認性が良かった(※白い大きな正方形のレイダ=
アンテナの左右にテレビ=カメラとストロボが付いている)が、LHシステムには
所謂、はんぺん型レイダが付いていないので視認性が悪く判断し辛いので
要注意です。

 又、レイダ式にしてもループコイル式にしても、Hシステムの設置場所の手
前には必ず、警告板が設置されている(※高速走行抑止システムと謳っ
て、増設している為)ので、見落とさないことが肝要です。写真で確認出来る
と思いますが、1車線に箱が2個ずつあり(※左;フラッシュ/右;カメラ)、違
反車両を確認すると上部の赤ランプが回転します。

 尚、計測方法は従来のループコイル式(※詳しくは下記のループコイル式
を参照)と同じで、手前に埋設されている3本のループコイル式速度センサに
よって、通過車両の速度を測定し、違反車両を撮影します。



 一見するとNシステムとそっくりで判断し兼ねますが、コントロールボックス上
に赤色灯(パトランプ)が設置されているのがLHシステムと判断して良いと思
われます(※←左の2枚の画像を確認)。
wanted NHシステム


 2つの連続したNシステムの下を通過した時間差で速度を算出し、違反車
両を特定する方式です。Nシステムを利用することで当然、全通過車両を撮
影していますから強力です。

Hシステム


 従来型のレイダ式の進化型で方式は同じであるが、その稼働率は比べ物
にならない。


 従来型は違反車両の撮影にフィルム(36枚撮り)を使用していましたが、
新型であるHシステムはCCDカメラを使用していて、違反車両を撮影した画
像は高速デジタル回線で警察署内の中央装置に転送されています。

 又、レイダ波の周波数は従来型と同じなので、レイダ探知機が有効ではあ
りますが、従来型とは異なり断続的(※赤外線ストロボ以外に赤外線センサ
が付いていて、通過車両の位置を確認してから、初めてレイダ波を短時間だ
け)にレイダ波を投射しているので、古い探知機では反応しない恐れがありま
すので過信は禁物です。因って、購入するなら、「ステルス対応」や「Hシス
テム対応」と謳った商品が良いと思われます。

ループコイル式


 文字通り、ループコイル式の路面センサに依り、通過車両の速度を測定し
て、違反車両を撮影する方式。


 基本構造は6.9mの区間で、2巻あるいは6巻のループコイルが車線孤ごと
に手前から、


スタートループ → コントロールループ → ストップループ


と3箇所ずつ路面下6〜10cmに埋設されており、この区間で速度を測定し
て、30〜40m先に設置されているカメラで撮影しています。

 しかし、計量法に依るところ法的な根拠に乏しく、違反車両を検挙するい
は不充分極まりないこともあり、多方面で問題化されてきていますが、未だ
各地に設置されているようです(※稼動状況は不明)。

レイダ式


 所謂、オービスと呼ばれた初期のタイプがこのレイダ式です。


 ネズミ捕りと呼ばれる有人に依る取締方法と同じく、マイクロ波(周波数10.
525GHz)で通過車両の速度を測定して、違反車両を撮影する方式。


 通常は路面頭上5〜6mの地点から、通過車両に向かって約30度の傾き
でマイクロ波を投射し、撥ね返ってきたマイクロ波との波長の違いから速度を
測定して、約20m先に設置されているカメラで撮影します。

 又、測定範囲は一般的にはレイダ=アンテナの15m手前から5〜6mが測
定ゾーンと言われていますが、設置場所等の条件に依って大きく変わるので
油断は出来ません。

 尚、レイダ波の出力はメイカに由って異なっているようで、松下製は約
20mWで投射幅約6度・三菱製は約50mWで投射幅約10度とのことです。
余談ですね。

Nシステム
  (赤外線自動車ナンバー自動読取装置


 HシステムやLHシステムに類似しているということで(※明らかに違います
が)、設置されて数年の間は焦って手前で減速する車両が多いこと!(※そ
して気付くの遅せぇヨ!!とツッコムと・・・)


 CCDカメラが1車線に2〜4個設置されていて、通行する全車両を撮影して
います。そのデイタの中から予め手配されている車両(※盗難車・犯罪に使
用された車両等)の捜査に使用されています。尤もこれは建前だと思われ
ます(※詳しくはこちらNP会のサイトを参照下さい)。本音を言えヤ!!

 又、現在のところはスピード違反には使用していないようですが、今後、多
目的に無断使用する可能性が否めないので要注意・要観察が重要だと思
っています。

 尚、全国に渡って急速・急激・過激・過剰に増えているようですから、事前
に設置箇所のチェックしておいた方が良いでしょう。



 
Tシステム
旅行時間計測システム


 特定のポイントに設置されてあり、通過車両の区間内の通過時間の平均
から、所要時間(旅行時間)を表示するシステム。ランダムに通過車両を撮
影しています。


 紛らわしいですが、よく見るとカメラのみですので判断が付きます。写真の
ようにカメラの前方に実際の所要時間を表示する掲示板がある場合が多い
ようですが、地域により色々な形をしているようです。
積載重量監視システム

ETCシステム  (Nシステム?)


有人に依る取締方法
移動オービス


 ワンボックスタイプの車にオービス(レイダ式あるいはHシステム)を載せて、
適当な場所に停車し、レイダ波を投射して通過車両の速度を測定する方
法。若しくは、車両の外(道路脇)にレイダ(三脚式?)を設置して、違反車
両を検挙する方法。


 市街地に入り、制限速度が変わった地点での取締が効果的であろうか
ら、制限速度の標識には注意が必要です。

 又、最近では、パトカーや覆面パトカーにもレイダが搭載されているので、
注意が必要です。
パトカー等に依る追尾


 パトカー白バイ覆面パトカーが後方から追走して、通行車両の速度を専
用のメータで測定し、違反車両を検挙する方法。


 およそ(?)数百メイトルの距離を追走し、走行速度を計測するようだが、
果たして、原則通りに計測しているのかは怪しい限りです。

光電管式


 二つの光電管から投射されるレイザ光により、通過車両の速度を測定し検
挙する方法。


 移動オービスと同じ方法ですが、レイダ探知機が有効ではないところが大
きく違います。

 又、光電管部分にパイロン(カラーコーン)を(2本)置いているので、路肩
等に不自然に並んで置いてあるものを見掛けたら要注意です。

 尚、都内や警察署前・観光地等で良く見掛けますね(※特に休日)。又、
等で見掛けます。