多賀山地の峠道
STRANGELOVE of SWINGING RAIDERS

阿武隈高地の峠道  多賀山地の峠道  久慈山地の峠道  亘理地塁山地の峠道



人生峠 じんせい とうげ {旧道}{新道}
路線名:r10日立勿来線
主区間:高萩市
道路状況:1.5車線〜2車線/路面は安定している
サミット:乗越し
展望:△(やや望める)
景観:△(多賀山地の裾野をかすめる)
標識:有(看板)
備考:旧道は通行不能


 人生峠とは、誰のユーモアなのか知らないが、r10日立勿来線の地蔵坂
(大心苑跡の西側)の頂上にある木製の看板である。余りに良いネーミング
なのでそのまま採用(!)。常磐道の建設に伴い峠の北側の1部削られてし
まった為、現在は新道となるが、画像の左側が旧道。御覧の通り狭く暗い道
で冬期は凍結していました。この周辺から北に常磐炭鉱の名残が見られま
す。
 又、r10日立勿来線は多賀山地の東端を南北に延びる変化に富んだル
ートだと付け加えておこう。
新立峠 しんだち とうげ {旧道}
路線名:r36日立山方線
主区間:日立市大雄院〜中里
道路状況:1.5車線/路面は荒れている/落葉・流水
サミット:隧道(本山トンネル;開通----年/延長100m)
展望:△(東側がやや望める)
景観:×(ボタ山・社宅等 銅山跡の荒れた風景)
標識:無(隧道の銘板は坑内にあった)
備考:現在は新トンネルが出来、旧道の七曲り等及び隧道は閉鎖

 ここでは現在不通となった旧道だけで述べます。本山側は七曲りと言って
日光いろは坂を小さくしたような急峻な坂道でした。そこを路線バスや大型
のダンプカーが往来していた為、何時も混雑していました。又、(旧)本山トン
ネルが開通する前の旧々道は、馬車道を整備した道で、この上を通ってい
たらしく何度も切り返えさなければいかなかったとか。それにしても下の(新)
本山トンネルが開通した後(確か'91年の冬までは通っていた気がする)、旧
トンネルは出入り口をコンクリートで埋め固められてしまった・・・それを知った
時は気分が悪かったですね。

新立峠 しんだち とうげ {新道}
路線名:r36日立山方線
主区間:日立市大雄院〜中里
道路状況:2車線/交通量があり安定しているが大型も多い
サミット:隧道(本山トンネル;開通1989年/延長942m)
展望:×
景観:×(鉱山跡の独特な雰囲気がある)
標識:無
備考:取締注意
参照ペイジ:新立峠新道


 新立峠とは、日立市の中心部 宮田川流域から高鈴山と神峰山との鞍部
を越え、久慈川支流 里川流域へ抜ける峠である。

 地元の人間にとって新立峠とは聞いたことのない名称で普段は本山トンネ
ル、あるいは単純に本山【もとやま】と呼んでいます。私にとっては所謂、ホ
ームコースなのですが、如何せん、子供のドリル勉強のような反復練習は嫌
ってきましたので、朝夕、否、夜な夜な遠出の際に走り抜ける道ですね。

 市街側は急峻な中速カーヴの連続の上、ダンプカーの所為でスリッピィで
す。又、事故多発の為か、色付き舗装で余計に滑り易くなっています。この
ペイント段差を事故抑止ペイントならぬ、事故誘発ペイントと呼びましょう。

 トンネルの東西出口付近には、駐車場や駐車帯があり、高鈴山や神峰山
への登山者が利用出切るようになっています。その場合、旧道を峠まで徒
歩で行くことが出来ます。年々、ゲイトが頑丈になっている気がします。昔か
らこの付近は心霊スポットとして有名(?)だったことが遠因のような気がして
います。
旗立峠 はたたち とうげ
路線名:平袖林道
主区間:北茨城市
道路状況:1車線/硬く踏み締められたダートで普通車も通行可能
サミット:切通し
展望:×
景観:×
標識:無
備考:
参照ペイジ:平袖林道

 旗立峠とは、里根川流域から鷹巣山〜大丸山の鞍部を越え、大北川支
流 花園川流域へ抜ける小さな峠である。尚、北茨城市平袖集落から才丸
集落までが、峠区間と言えよう。
 全線ダートだが踏み固められていて走り易い。峠の南側を並行するr27
大津港線の旧道かとも考えたがどうやら違うようです。多賀山地(阿武隈高
地南部)には名称の無い峠が殆どなのに、旗立峠は古くから有り、多くの道
路地図にも記載されているのが興味深いです。




亀谷地峠
路線名:r27塙大津港線
主区間:北茨城市
道路状況:1.5車線/落葉・枝等多いですが路面は安定しています
サミット:切通し
展望:皆無
景観:○(深い阿武隈の森の中)
標識:
備考:
参照ペイジ:県道塙大津港線
大荷田峠
路線名:r22北茨城大子線
主区間:高萩市・常陸太田市
道路状況:1.5車線/落葉・枝等多いですが路面は安定しています
サミット:切通し
展望:皆無
景観:○(深い阿武隈の森の中)
標識:
備考:

高里峠
路線名:R461花貫街道
主区間:高萩市大能〜常陸太田市(旧 里美村)折橋
道路状況:2車線/1部段差及び溝有り/交通量があり安定している
サミット:切通し
展望:×(皆無)
景観:○(落葉林と植林が交互している山合い)
標識:
備考:冬期は凍結注意


 高里峠とは、花貫川流域から多賀山地の尾根筋を越え、久慈川支流 里
川流域へ抜ける国道の峠の仮称である。

 旧道?には砂利道も残っていますが、間違いなく(?)茨城県内で1番のド
ライヴ=ルートではないでしょうか。最近ではツーリングコースとして有名にな
ってきたようで、他県ナンバも多いようです。休日は行楽の交通量が多い
上、コゾーも多いので事故多発です。私も県内で唯一の好きなコースです
が、下手クソどもが多く興醒めしてしまうので、専ら、平日の夜中に走ります。
十王峠
路線名:r60十王里美線
主区間:日立市・常陸太田市
道路状況:1.5車線/路面は安定しているが浮砂に注意
サミット:切通し
展望:皆無
景観:△(落葉林と植林が交互している山合い)
標識:
備考:冬期は凍結注意
洪沢峠
路線名:r37日立常陸太田線
主区間:日立市・常陸太田市
道路状況:1.5車線/1部路面が荒れている/交通量多し
サミット:切通し
展望:△(西側がやや望める)
景観:×(麓に採石場がある)
標識:
備考:頂上付近にゴルフ場が有る